防災教育センターについて

防災教育の推進
兵庫県立大学では、阪神・淡路大震災等の災害から得られた経験と教訓を踏まえ、兵庫県が蓄積している、防災に関する情報や対応策のノウハウを次世代および他地域に伝えるため、2011年度、「防災教育センター」(Education Center for Disaster Reduction:ECDR)を設置しました。
いま、『防災マインド』(防災への優れた知と行動する心)を有し、地域や社会に貢献できる人材の育成を目指した防災教育を推進しています。
防災ユニットの設立理念

 

●阪神・淡路大震災からの復旧・復興など兵庫県が培ってきたノウハウ等を発展的に継承し、

 

●防災マインド(防災に関する優れた知識と行動力)を持ち、地域・社会に貢献できる有用な人材を育成する

 

防災教育センターが目指していること

 

●防災・減災に関連する知識を学生に提供する

 

●防災リーダーに必要な行動力や他者とのコミュニケーション能力を養うための実践的活動の場(ボランティアなど)を提供する だけでなく、

 

●ボランティア活動等に興味を持つ学生が学生たまり場に集い、交流できる場所(学生たまり場)を提供すること

 

●災害やボランティアの情報を提供する、防災情報拠点となること さらに、将来的には

 

●兵庫県立大学の学生だけでなく、他大学学生や一般の方々が集い、そして有意義に学び、交流できる防災教育拠点を目指す